📸🖌写真

皆様お疲れ様です。

気温が上がりいよいよ春という感じになってきました。

河川敷にグランドのある中間ボーイズですが、この時期はつくしを取りに来る方や自転車道を利用してランニングやサイクリングをする方が多くなってきました。

サイクリングをする方やランニングをする方が休憩がてら練習を見てくれるというの嬉しいことで、挨拶していく中で会話をすることも多々あります。

皆さん中間市の方ではありませんが、応援してもらえることはありがたいことなので今後も挨拶の徹底やコミュニケーションを図りながら中間ボーイズのファンを増やしていきたいと思います。

それでは本題に入りたいと思います。

先週の土曜日は赤池ボーイズさんと合同練習を行いました。

当日の朝まで雨が降っていたので午前はランニングとバッティング練習を行いました。

赤池ボーイズには新3年生もいるので1学年先輩ですが、さすが先輩という打球を連発させていました。

うちの選手達も良い刺激になったと思います。

午後からは1箇所バッティングを行いました。

投手陣は順調に成長してきていると感じています。

ケガから復帰した2人の投手も順調にメニューをこなしておりますので実戦での好投を期待しています。

バッティングでは速いとわかっているのに差し込まれてしまう場面が目立ちました。

動き出しが遅く、ボールに合わせてタイミングを取っているので振りに行ったときにバットが遅れてファールになっている選手が多くいました。

ボールに合わせるのではなく、動き出しを早くして打ちに行きながら合わせる練習をしていこうと思います。

最後はダウンをして合同練習は終わりました。

赤池ボーイズの関係者の皆様ありがとうございました。

日曜日は15時から新入部員説明会を行う予定にしていたため午前練習を行いました。

入部の決まっている新一年生も多く参加しており、試合前ノック、シートバッティング、ケースノック、ベースランニングで終わりました。

新一年生も多く練習に参加しており、ケースノックではランナーが付くと慌ててしまい中継プレーの位置やカバーリング、声かけ等を疎かにしてしまっています。

経験を多く積んで早く野球の動きを理解できるよう指導していきたいと思います。

2日間充実した練習が出来ました。

15時からの説明会には多くの家庭が参加いただきありがとうございました。

人前で話すことが苦手で短い挨拶になってしまいました。

次に話す機会があればもう少し話せるように準備しておきます。。。。

説明会でも話しましたが、人に嫌われるよりかは好かれた方がいろんな人が応援してくれ、いろんなことを教えてもらえるチャンスが生まれ得をすると思っています。

そのためには会話のスタートである挨拶が出来ないと話になりません。

返事も聞こえないような返事をしていたらやる気がないと思われてしまう可能性があります。

一生懸命やっていない選手より、全力でプレーで上手くなろうとしている選手の方が人は教えてあげようという気になると思います。

技術的な成長だけでなく、人間的に成長していくことが結局は技術向上のチャンスにつながり自分に返ってくるということに繋がっていきます。

これは野球だけでなく、学校生活や社会人になって仕事をするうえでも大切なことです。

そういったところも指導していきたいと思います。

ということを話したかったのですが、人前で話すことが苦手で短く言葉足らずな挨拶になってしまいました。

次に話す機会があればもう少し話せるように練習しておきます。。。

3年間全力で心技体を磨ける環境を指導者、親御さんで作っていけるよう頑張りましょう。

新入部員は後日報告させていただきます。

それでは。。。

皆様お疲れ様です。

気温も徐々に上がってきて、日によっては汗をかかく日もあるほど良い気候になってきました。

練習の内容も気温とともに変わってきており、ボールを使ったトレーニング系からランナーを付けた実戦練習に切り替わってきました。

2月28日の練習試合で、守備では実戦になった時の状況判断やカットマンの位置、走塁では第2リードの取り方と打球判断の悪さ浮き彫りなりボロボロの試合になってしまいました。

この1週間でランナーを付けたプレーを部員数が少ないなりに工夫して取り組んできました。

選手達もかなり集中して練習に取り組んでおり、人数が少ない分ランナーは大変ではありますが良いトレーニングにもなったと思います。

3月7日の練習試合では少しですが練習で意識していたことをやれていたと思います。

走塁でプレッシャーをかけて、守備で試合のリズムを作れるようもっと意識の高い練習をしていきたいと思います。

打撃はチャンスの場面で打ちに行くボールが悪いと話しました。

ボール球に手を出してしまうから次のボールで慎重になってしまいストライクを見逃してしまう。逆にストライクを見逃してしまうから積極的に打ちにいこうとしてボール球を振ってしまうという悪循環になってしまいます。

また、ストライクボールの判断が早いので変化球に手が出ない、厳しいコースを簡単に見逃してしまうことが目立ちました。

普段のバッティング練習から全球内にいって見逃すということを意識付けさせたいと思います。


今週から来年の入部予定者が参加します。

今まではしたい練習はあるが人数を考えてできる方法を探していましたが、今はしたい練習をしたときに他のポジションの選手は何をさせようかという贅沢な悩みに変わりました。

選手1人1人がより成長できるようチームの雰囲気もですが、練習内容も工夫してサポートしていきたいと思います。

それでは。。。

皆様お疲れ様です。

2月とは思えない暖かさのなか、篠栗ボーイズさんと今年初の練習試合を行いました。

投手陣にけが人はいますが、その他投手は順調に仕上がっており、打撃陣も順調に来ているので好ゲームを期待していました。

2回まで1-0でリードしていましたが3回表にエラーと連打で5点を失い1-5。

その裏に3ラン(ランニングホームラン)で3点を返し4-5。

4回表にヒットとエラーで2点を失い4-7。

その裏に2ランスクイズの成功で6-7。

4回が終わった時点でスコアは均衡していますが、エラーが6個。

5回以降さらに4個のエラーで6点を追加され、うちはタイムリー1本の1点を追加し、終わってみれば7-13でした。

1試合で合計10個のエラーで惨敗です。

エラーという結果だけでなく、エラーの内容が悪すぎました。

指導者として反省です。

もう一度キャッチボールから徹底的にやっていかないといけないと感じました。

しかし、悪いところばかりではなく冬の練習の成果も発揮してくれました。

ピンチでのサードのファインプレ。

ピッチャーのベースカバーのスピード。

キャッチャーのブロックなど随所で良いプレーもあったので良かったです。

初めての試合にしては投手陣もリズム良く投げれていたと思います。

全体のレベルアップはできてきているので、個人の課題をしっかり克服できるよう練習していきたいと思います。

3月からは新一年生も合流しますので全員が競争する気持ちを持って緊張感のある練習をしていきましょう。

それでは。。。



皆様お疲れ様です。

1月31日(日)に飯塚ボーイズさんと合同練習を行いました。

全国的に有名なチームであり、3年前には全国制覇した強豪チームです。

私が現役時代も全国大会予選の決勝で対戦し負けた思い出があります。

監督は神ノックが名物の春山監督。

私の現役時代からよく声をかけていただき、監督となってからも球場で会うと指導のことや、選手の募集状況など心配してくださり感謝しています。

アップでのアメリカンノックや内野のアメリカンノックなどの練習は知っていましたが、走りながらのボール回しや4箇所に分かれてのベースランニングなど勉強になることが多くあり、自チームでも取り入れていこうと思います。

春山監督は選手が動いていない時間を作らないように意識して練習メニューを考えていると話していましたが私も同じ考えでメニューを決めているので、考え方が一致していて安心しました。

指導者のレベルアップや勉強も大事ですからね。良いものは積極的に取り入れて選手のレベルアップにつなげていきたいと思います。


冬の間は練習試合などで他チームが見えず、自チームの選手たちとの比較ができないことから、選手の成長は実感していましたが少し心配に思っているところがありましたが、いろんな方から選手たちが成長しているとほめていただき冬場の練習が間違っていなかったと確認できました。

もちろんまだまだ発展途上ではありますが、今後も成長のスピードを上げられるようサポートしていきたいと思います。

最後に選手達へボールのプレゼントまで頂きありがとうございました。

今の選手たちが飯塚ボーイズさんと熱戦を繰り広げることが恩返しだと思っておりますので日々の練習に励みたいと思います。

それでは。。。

※2021年度の選手募集も引き続き行っておりますのでご連絡ください。

皆様お疲れ様です。

毎年恒例のOB戦も無事に終わり、1月5日から練習に励んでおります。

1月8日~は3日間にわたり大寒波襲来により各地で記録的な大雪となりました。

福岡県でもかなりの積雪があり25cmも積もった地区もあり練習どころか買い物にも行くことも出来ず自宅にこもっておりました。

野球選手の職業病かもしれませんが、雨や雪になるとテンションが上がってしまいますね。

ということで、夜に外に出てゆきあそびをしてしまいました。

福岡では積もるほどの雪はあまり降らないので余計にテンションが上がってしまいました。

こんな感じです。。。

びっくりですよね。。。


雪が落ち着いたので通常通りの練習を開始しましたが休みが明けて体のキレが鈍っているかと思っていましたが全員良い動きをしていたことにびっくりしました。

冬場の練習に入り昨年の練習納めまで体力強化をメインにやってきてよかったですし、休み期間中の選手たちの過ごし方も良かったのだと思います。

休み明けに体力を戻すところから始めるとかなりもったいないですから。

日の入りも遅くなってきて体力強化メインの練習から技術的な練習に少しづつ切り替えています。

冬練に入る前と比べて野手はロングティーなどでかなりの量スイングしてきた成果として飛距離が伸び、内野外野のアメリカンノックで捕球体勢・バウンドの合わせ方等かなり成長してます。

投手も基礎体力が向上してきたことによって球速がアップし、リリースが安定してきたことで球質も良くなっています。

故障中の2人が早く復帰して3人で投手を回せるようになれば良い投手陣になると思います。

天気が良く気温が高い日には実戦的な練習も多く取り入れるようにして距離感を早く取り戻せるように練習していけたらと思います。

非常にいい雰囲気で練習できているのでこのまま継続して技術力向上・チーム力向上につながるようサポートしていきたいと思います。


また、冬練に入り毎週のように体験練習に参加していただいており、何名かは入部も決まっております。

まだまだ2021年度の新入部員を募集していますので練習参加のご連絡よろしくお願いします。

それでは。。。


皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年は中間ボーイズへの多くのご声援ありがとうございました。

本年もよろしくお願いします。

今年の年末年始は各地で寒波との予報があり、東日本では大雪に見舞われた方も多くいたとの報道がありました。

幸い九州では多少の雪はあったものの、公共交通機関が止まることもなくコロナウイルスの影響で静かなお正月となりました。

中間ボーイズでは1月3日に毎年恒例である埴生神社での必勝祈願を行ってまいりました。

指導者、選手とお祈りする内容は違うと思いますが、チームの勝利ということは全員が一致したと思います。

今年も選手たちが野球人として、人として大きく成長できるよう全力でサポートしていきたいと思います。

必勝祈願の後はOB戦を行いました。

今年はコロナウイルスによる帰省の自粛要請や不要不急の外出の自粛要請に伴い参加者少なかったですが何とかOB達が戻ってこれる機会を継続できて本当に良かったです。

また、父兄の方々は朝早くから会場設営、感染防止対策等の準備をしていただきありがとうございました。


試合は2試合行い、1試合目は【OB VS OB】2試合目は【子ども VS お父さん】の試合を行いました。

2試合目は3イニング制で行いましたが、多くの珍プレーがあり終わってみると4対3で子どもチームの勝利となりましたが、お父さんチームより定番の土下座で2イニングの延長の申し入れがあり延長戦を行いました。

結果は、、、6対5でお父さんチームの逆転勝ちとなりました。

父の威厳を守ることが出来て本当に良かったと思います。。。


新年を迎えましたがあっという間に一年が過ぎてしましますので、今年の目標を1つ1つクリアして最後に良い1年だったとみんなと笑えるよう全力で駆け抜けたいと思います。

皆様今年も中間ボーイズへの多くの声援をよろしくお願いします。

それでは。。。


皆様お疲れ様です。

今年も残りわずかとなりましたが、今年を振り返っていかがでしょうか。

良いこともあれば悪いこともあり、やる気に満ち溢れているときもあればやる気が起きないときもありますよね。。。

中間ボーイズの1年を振り返るとそんな1年間でした。


年明けに部員0人の状況からスタートし、3月に10人の選手の入部が決まりこれからスタートというところでの新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により活動停止となる非常事態でスタートしました。

5月下旬に再始動となりましたが6月の公式戦初戦では0対57での敗戦。

その後も善戦することもできず非常に悩ましい時期でした。

対戦相手が上級生ということもあり、1年生大会に標準を合わせていこうと選手たちとモチベーションを落とさないように心掛けてやってきましたが、夏場にはけが人が多く出てまともに練習することもできないまま9月の1年生大会に臨み敗戦しました。

まったく歯が立たなかったわけではなく、自分たちのミスで失点しその差で負けました。

その日から選手たちの練習に取り組む姿勢が変わり、試合を重ねるたびに点差が縮まっていき、チームの空気も野球をする空気に変わっていきました。

その結果、今年最後の練習試合では上級生相手に1対0で勝ち来年に向けて良い締めくくりをすることが出来ました。

まさに激動の1年でした。そして、選手たちの成長に驚かされるとともにチームの空気づくりが改めて大切なことも思い知らされました。

親御さんも協力的に動いてくれたこともあり何もわからない状態からチームの基盤を作るところまでこれたことに非常に感謝しています。


特定の選手だけががよくなったのではなく、全員が「心・技・体」で大きく成長してくれました。年内の活動日は残り少ないですが、気を抜くことなく最後まで全力で駆け抜けてほしいと思います。

来年には新一年生が入部してきます。

このチームが始動して初めてのチーム内競争です。

緊張感のある練習環境を作って、選手たちが成長できるよう指導者、親御さんを含めた大人がサポートしていきたいと思います。


また、今年1年間応援してくださった皆様ありがとうございました。

特に昨年度卒部のお母さん達にはグランドに来てもらい練習試合の時のグランド設営、公式戦での本部との対応を教えてもらうなど多くの手助けをしていただき感謝しています。

来年度以降も皆様に応援していただけるようチーム一丸となって良いチームを作っていきますので応援の程よろしくお願いします。

それでは。。。


皆様お疲れ様です。

11月から夜は10度以下になる日もあり中間ボーイズでもついに冬練が始まりました。

冬練といってもただ走るだけというのが嫌いなので、ボールを使って守備練習を兼ねて走り続けることであったり、バッティングとトレーニングの班に分かれてタイヤ押しやタイヤを持ってホームからポールを往復するなど体幹トレーニングを兼ねた走り込みを行うなど選手が飽きないように工夫しながら、つらい練習ばかりですがいい顔をして明るくトレーニングに取り組んでいます。

もちろんランニングの量も増えていますが。。。

みんな積極的にトレーニングに取り組んでいます。


そして冬練の定番といえばロングティーです。

100cmの1kgの長尺バットをガンガン振って筋力アップだけでなくバット使い方がうまくなってもらえるよう今年から取り入れました。

私が高校2年の冬に同じバットを使って1時間ロングティーをしていました。体幹が鍛えられるだけでなく、バットのヘッドの使い方が分かるようになり、春先には4試合連発を含む10試合で7本のホームランを打てるようになりました。

中間ボーイズの選手達も長尺バットを使うようになってから飛距離は大幅にアップしました。

中学1年生なので長尺バットは振れないかなと思っていましたが、徐々に振れるようになってきました。継続して今後も行っていきたいと思います。


そして、先日は雨でグランドが使えず練習試合が中止になってしまいましたので、芦屋海水浴場の砂浜でトレーニングを行いました。

選手達も普段と違う場所でのトレーニングと、海ということでかなり楽しそうに取り組んでいました。内容はかなりハードなトレーニングでしたが。。。

たまには環境を変えてやることも大事だと感じましたのでたまに取り入れていきたいと思います。

11月の練習試合でやっと2年生相手に勝つことが出来ました。

初の完封勝利で11月から練習の強度を上げてきた成果が投手陣は特に出ていると思います。

今の練習が間違っていないと感じることが出来て自信にはなったと思いますが、そこで雰囲気が緩くなっていましたので引き締めました。

一年生大会に負けてチームの意識改革を行って選手全員で厳しい声を掛け合うことで大幅にチーム力が上がってきましたが、元の馴れ合いのチームに戻りつつありました。

もっともっと技術力も、チーム力も向上させないといけません。

指導者も気を引き締めて選手に接していきたいと思います。

それでは。。。

皆様お疲れ様です。しばらく更新をサボっておりましたが、これからペースを上げて更新していきたいと思います。すみません。。。

最近は日が落ちるのも早くなり、夕方はかなり寒くなってきました。

気温差が激しく体調管理も難しい季節ですし、選手にとってはいつから冬練が始まるかとドキドキしながら練習に向かう季節ですね。

選手時代に経験しましたが、冬練が始まってしまえばやるしかないし身体も慣れてくるので良いんですが、始まる前は本当にいやだったことを思い出します。

でも一冬で大きく成長できるので、選手達には私を信じてついてきてほしいと思います。

私も選手たちが成長できるようにトレーニング法など勉強していきます。


さて今回は9月から新しく入部が決まりました選手の紹介をしたいと思います。

春本 壮輝(ハルモト ソウキ)

中間南ドリームス出身

外野手


身体能力が高く、足が速く広い守備範囲が持ち味の外野手です。

また攻撃面でもセーフティーバントなど小技が使え、長打も打てる選手です。

外野守備での送球の強化及び状況判断、打撃では確実性の向上とエンドラン等の使える小技の数を増やしていくことを目標に現在練習に取り組んでいます。


新しい部員も加わり、大きく成長することが出来る冬へと入っていきます。

選手各自がノートに書いた「この冬の目標」を春先に達成できるように厳しい目線で選手たちの成長を後押ししていきたいと思います。

11月29日の大会が今年最後の大会となります。

少しずつ練習の強度を上げているのでその成果を発揮できるようサポートしていきたいと思います。

それでは。。。


皆様お疲れ様です。

大型台風が通り過ぎ、ようやく秋らしい気候になってきました。

この季節は熱中症や夏バテを気にすることなく技術的な反復練習ができるので指導者としてはありがたいですよね。

今年の夏は雨も降らず、とにかく暑かったので人数の少ないうちのチームにとっては練習内容を考えるのが大変でした。

夜も涼しくなり、一年生大会の負けもあり、チームの意識改革をするべくバリバリ厳しい練習を行っています。

ただ、私が厳しくするだけでは意識改革になりませんので、選手同士で一つのプレーに高い意識を持って取り組み、選手間で厳しい声が飛ぶよう選手達には意識させています。

実際の試合ではグランド内に私はいません。選手同士でチームの雰囲気を作って、戦う集団になってもらうのが目的です。

少しずつではありますが、選手間で厳しい声が出るようになり、前向きな声も出るようになってきました。

また、一年生大会で思うようにプレーできなかった選手が今のままでは勝てないと感じてくれたようで、目の色を変えて練習しています。

負けから多くのことを学んで、自分のプラスにしてほしいです。


そして20日(日)にふくやカップがありました。相手は福岡中央ボーイズさん。

0×10でコールド負けしましたが、少しずつ戦う集団になってきたかなと感じました。

野手はスイングスピードと守備での一歩目の速さを意識した練習を取り入れて球際の強さを強化していきたいと思います。

投手はコースに投げ分けるコントロール、ファールでカウントが取れるボールのキレとリリースの押し込みの強化をしたいと思います。

そして21日(月)の練習試合では久しぶりに勝利して選手達の良い薬になったと思いますし、私にとっても良い薬となりました。

絶対に良くなると選手達を信じて選手たちのサポートをしていきたいと思います。

それでは。。。




皆様お疲れ様です。

9月5日に一年生大会がありました。

去年チームが0人になり、監督のバトンを受けこの大会に向けて選手・親御さんと一緒に全力でチーム作りに取り組んできました。


初戦の相手は京築ボーイズさん。

結果は3-8で負けました。

試合後のミーティングは私からの言葉は練習態度・取り組む姿勢のことだけを改善しようということだけを告げて選手同士でミーティングをさせました。

今後の練習で選手たちの意識がどう変わったか楽しみに見たいと思います。

そして負けたことに関しては指導者の責任です。

子どもたちに勝たせてあげることが出来ず本当に反省です。

子どもたちもですが私を含めた指導者の意識改革も必要だと感じました。

もっともっと子供たちが技術的にも、精神的にも成長できる環境を作ってあげたいと思います。


しかし、先輩もおらず、けが人も多数出た中で6月からの3か月で選手たちは大きく成長してくれたと思います。

もっともっと個人の技術・メンタルを強化して、チームの結束力の向上・勝ちへの執念を植え付けチーム全体で勝ちに向かってやっていきたいと思います。

指導者全員でサポートしていきます。

選手達!下を見ず、前だけを見て、次の目標に向かって頑張ろうな。

それでは。。。

※写真は9月5日に行われた試合のものです。

皆様お疲れ様です。

7月23日の公式戦は福津ボーイズさんに完膚なきまでにやられました。。。

1年生と3年生の力の差、技術力の差、経験の差すべてで歯が立ちませんでした。

あの試合以降、練習に取り組む姿勢は少し良くなってきたと感じています。

試合をして何も感じないようでは試合をしている意味がありません。

そして少しずつでいいので変わることで個人の成長につながり、個人の成長がチーム力の向上につながります。

その点では意味のある試合になったのではないかと思います。

もっともっといいチームになるよう全力でサポートしていきたいと思います。


8月2日は直方ボーイズさんと練習試合を2試合行いました。

ピンチの場面でエラーが出るなどメンタル的な弱さもありましたが、チーム全体としてもっと試合に入っていかないといけないと感じました。

ベンチでの声のかけ方、相手のエラーが出た時に次の塁を狙わせる声、キャッチャーがストップした後のボールの位置など試合に集中して入っていれば自然に出る声です。

プレーで相手にプレッシャーを与えることも大事ですが、+αとしてチーム全体でプレーに対して声をかけることで相手もプレッシャーを感じてくれますし、自分の知識の再確認にもつながります。

そのことを試合中に強く感じたので試合中に選手にも伝えました。

練習からチームの意識改革と思って取り組ませたい思います。

その他としては守備、走塁と良いプレーも多くありましたので有意義な練習試合になったと思っています。

課題は打撃力の向上。今週は重点的に取り組んでいこうと思います。

けが人が多くチームとして万全ではありませんが一日でも早く治して10人全員で戦えるよう治療に専念してほしいと思います。

それでは。。。


※写真がなくてすみません。